とりあえず終わった!

乳癌
09 /19 2017
3日連続のブログ更新。嬉しくて投稿せずにはいられませ~ん。

とりあえず、やっと終わった。もちろんホルモン治療とハーセプチンは残っていますが・・・一番大変な抗がん剤治療・手術・放射線治療を終えました。はぁ~長かった・・・昨年の11月13日に乳がん告知を受けてから今日まで次から次とやる事があって一息もつく暇がないくらい私達家族には忙しい毎日でした。毒盛られて、切られて、焼かれて・・・と心身共にボロボロにされましたが、これでガンともおさらば!もう二度とガンと戦う日々が訪れない事を願って、今日からは今まで以上にパワーアップして生きて行こう。

最後の放射線治療を終えて帰宅すると、テーブルの上に娘からのプレゼントが置いてあった(下の写真)。言葉では表現出来ないくらい主人と娘には感謝している。彼らのお陰でこうして今日も笑って生きている。本当に本当にありがとう。

そしてこの場をかりて、この大変な時期を支えてくれた家族そして友人達へ感謝・感謝です。ありがとうございました。
gift



ホルモン療法(レトロゾール)スタート

ホルモン療法
09 /18 2017
2日連続の投稿です。最近さぼり気味だったので珍しいな・・・

昨日からはじめたホルモン療法、と言っても一日一錠薬を飲むだけですが。日本では通常閉経後に処方されるレトロゾール(別名ファマーラ)を私は処方されている。当地でも日本同様閉経前のホルモン治療にはタモキシフェンを処方するケースが一般的のようだが、私の主治医(実は先月から主治医をセカンドオピニオンの先生に変えました)はレトロゾールと卵巣機能抑制の併用療法の方が私の乳ガンには予後が期待できるという事なので、先生の指示通りにレトロゾールの服用をはじめた。プラス、今後卵巣摘出も考慮することを先生に勧められている。現在抗がん剤治療の影響で私の卵巣は機能していないので、今後卵巣機能が復活した時に改めて考えてみようと思います。

日本では閉経前にアロマターゼ阻害薬は標準治療ではないようだが、ここイスラエルではケースバイケースでレトロゾールと卵巣機能抑制の併用療法が行われるようである。てなわけで昨日からはじめたホルモン療法、この先10年の服用と長~い道のりであるが、はたして私は副作用に耐えていけるのだろうか・・・少々不安である。
レトロゾール 
話は変わるが、毎日毎日通っている放射線治療も明日で終わり~ ハァ~ 疲れた。

ユダヤ歴5777年は一生忘れない年だな

乳癌
09 /17 2017
イスラエルは人口の75%がユダヤ人そして25%がアラブ人とその他が住むユダヤ人国家。ここで使われている暦は皆さんに馴染みのある西暦ではなくユダヤ暦で今年は5777年。そしてこの5777年もあと3日で終わり、ちょうどタイミングよく私の放射線治療もあと3日で終わる。あと3日で三大治療が終わる。もちろんホルモン治療10年とハーセプチンあと8回ほど残っているが、一番大変な時期は終わる。

こして考えてみると5777年は今まで生きてきた中で一番辛くて、苦しい年であった・・・乳がん発覚からはじまり、の三大治療である抗がん剤、手術、放射線のフルコースをこなし、途中「死んじゃうかも~」と悲鳴を上げることも多々あったが、ようやくこの辛~い時期が終わる。まだまだ抗がん剤の副作用には悩まされているが、これも時間と共に良くなっていくことだろう。もともとそんなに良くなかった頭だが、最近もっと悪化してきた物忘れやミス・・・すべてをケモブレインのせいにしているが、これもいずれ良くなる事だろう・・・こんな感じで人100倍ぐらい元気だった過去の私が遠い人のように感じるが、また前のように海で波乗りして、山でスノボー出来る日が来るであろう。

乳がん告知を受けた時は死ぬかと思ったけど、人間そうやわじゃない!「全てに終わりが来る」っていつも私の主人が言ってたけど、本当にそうだ。痛さも、辛さも、苦しみも、悲しみも、全てに終わりがあった。寝れない夜も永遠には続かなかった。そして何より、人間には苦しい事や辛い事を無意識に忘れさせてくれる能力があることを知った。あんなに死にそうだった抗がん剤治療中の辛くて苦しい日々の感覚を最近忘れつつある。人間の生命力って偉大だな~とつくづく感じさせてもらった一年だった。最終的には失ったものよりも与えられたものの方が多いかも・・・と最近思うようになった。

話は変わって、ここ数か月はカツラもかぶらなくなりました。女でハゲ!と前は気にしていましたが、これにもすっかり慣れました。
自分 
 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村
 
海外生活・情報ランキング

放射線治療残すところあと8回・・・

抗がん剤副作用
09 /09 2017
昨日、放射線治療20回目を終え、残すところあと8回! 局部が赤くヒリヒリ痛くなってきたが、今のところ全然大丈夫。それよりも手足の痺れと体のピリピリの方がとっても不快。週に一度の鍼治療と漢方薬をはじめてから体は何となく元気になって来た気はするが・・・抗がん剤の副作用恐るべし・・・まだまだ全然あちこち痛くて・痒くて困ったものです。そしてこれからはじまるホルモン治療10年・・・あぁぁぁ~まだまだ長いな・・・早く元気になりたいな・・・

とは言え、抗がん剤治療中や手術後に比べたらかなり元気で、毎日朝家事をして、出勤して、仕事して、帰宅して、夕飯の支度をして、放射線治療に行って、主人と犬の散歩に行く。かなりいろいろな事が出来る様になって来た。ちょっと前までは洗濯物も干せなかったし、ひどい時は2~3日ベットの上で過ごしていた。そう考えると、こうして体を動かせるのは本当にありがたい事だ。

心配していた髪の毛も黒々とはえて来た。下の写真は向かって左が抗がん剤治療最終日の写真、そして向かって右が抗がん剤治療終了後約3ヶ月半の写真です。ちなみに生えはじめに2回剃っています。結構醜いですが・・・(汗)
Hair

菜食中心生活

健康
08 /30 2017
早いもので8月も今日で終わり明日から新学期(当地では9月が新学期)が始まります。そして約2ヵ月間の長~い夏休みも終わり我が家の娘も中学校3年になります。本当に子供の成長ってあっという間で、気が付いたら私はかなりババ~になっておりました・・・(涙)

話は変わって、乳がん告知を受けてから約10ヵ月が過ぎ健康であることの大切さを痛感している私ですが、なにをどうすれば健康になれるのか(どうしたら再発・転移が起こらないか)情報を収集しながらたどり着いたのが菜食中心生活。実際には抗がん剤治療中に体が肉を受けつけなくなったことがきっかけなのですが、彼是2ヵ月近く菜食中心生活を続けています。私の菜食中心生活は全くの菜食主義ビーガン)とは異なりかなりゆる~いものですが次の物は食べなくなりました。肉類(牛、豚、鳥、肉全て)、乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズ類)、加工食品(ハム、ウインナ―等)、インスタント食品(冷凍食品、インスタントコーヒー等)、この他にも白砂糖、白米も食べなくなり、塩や油も天然の物を使うように心がけています。そして魚介類はたま~に食していますが、殆ど食べる機会がなくなりました。私はそもそも極端な性格で白と黒しかないような人間なのでこんな事を書くと「大丈夫なのかしら・・・」と心配なされる人もいるかもしれませんが、そこまで極端に菜食主義ではないのでご心配なく。第一に主人と娘は菜食主義ではないのでお家では肉料理も作っています。それでも肉料理が減って娘からブーイングが出ておりますが・・・

こんな感じで菜食中心生活をはじめて変わった点を書き出してみました。
*体臭がなくなった(デオドラントを使わなくなった)
*立派なうんちが出るようになった(もともと便秘気味で固いうんちしか出なかったのだが今はバナナのような立派なうんちが出るようになった)←汚い話でごめんなさいね・・・
*市販のお菓子やクッキー等を不味く感じるようになった(油っぽく感じる)

上記プラス変なものを食べると下痢になり、体が欲しているものがなんとなくわかるようになってきた。これも病気のおかげと言えばおかげですね・・・

下の写真は、先日いつも世話になっているお友達を招いて手巻き寿司ランチをした時のものです。美味しい・楽しい一時でした。(ちなみに手巻き寿司以外は友人の持ち寄りです・・・)
ランチ ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 
海外生活・情報ランキング

Sayo345310

イスラエル在住18年目の海大好き43歳。イスラエル人の優しい主人と愛娘と愛犬の家族3人+1匹で仲良く暮らしています。そんな幸せいっぱいだった私が2016年に乳がん発覚。
ここでは、私の乳がん奮闘記とイスラエル情報をマイペースにボチボチ綴っております。